父ベタからのバトンタッチ

おはようございます!

前回ご紹介したオスベタが最後のお仕事中です( ^ω^ )

立派な泡巣の中で順調に成長した稚魚たちも孵化して2日後には泡巣からちょこちょこ飛び出ながら泳ぐ練習を開始しています!

父ベタも一生懸命、稚魚たちを咥えては泡巣に戻す行為を繰り返して、必死に稚魚たちを守ってくれています。

稚魚たちも動き出しました

そのおかげで、一応外敵もいない環境ですくすくと成長を見せてくれています( ^ω^ )

上記の写真の翌日にはこんな感じです↓

収集つきません

ここまで、好き勝手に泳がれると父ベタもお手上げですね( ͡° ͜ʖ ͡°)

我が家では、この様な感じになると父ベタのお役目はおしまいと言った感じです。

ただ、この状況では孵化したばかりの稚魚たちもいるので、念のため半日から1日後にオスを隔離します。

タイミングを誤ると、オスが身の危険を感じて必死に稚魚たちを口に咥えてしまい隔離できなくなってしまいます。

過去に何度も失敗しました↑↑↑

つまり、ここで父ベタからのバトンを受け取るのです!

下に落ちてしまっている稚魚たちは、この後、しばらくすると浮上しながら泳げる様になります。

全体的に浮上しながら泳げる様になると、いよいよブラインシュリンプを与えるタイミングかなと考えています。

ただ、ブラインを与えるまでは基本的に稚魚たちが口にする事ができるエサらしいものはない状況になってしまうのでべーやんファームでは外で管理しているアマゾンフロッグピットを投入するわけです!

稚魚たちがお腹が空いたら食べられる微生物よ、沢山くっついていてくれ!!!と願いながら( ^ω^ )

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。