ベタは魚体の大きさも魅力の一つ

おはようございます。

本日は、プラカットが迫力満点だったので記したいと思います。

べーやんファームでは、サラリーマンの傍でベタのブリードを行っています。

なので、色々な品種をブリードする事は難しいので個人的に一番魅力を感じている品種やカラーを中心にブリードしています。

現在は、プラチナホワイトのハーフムーンがメインです。

ただ、ブリードとは別でベタを飼育する事は好きなので色々と飼育しております。

その中で、魚体の大きいプラカットは迫力があるなと感じました。

プラカットはやはり迫力あるなぁ

気のせいなのか、我が家で育つ個体はこんながっしりした口にはあまりなりません( ͡° ͜ʖ ͡°)

魚体が大きいから立派な口をしているのか・・・たまたまなのか。

先日も感じた事なんですが、成長させる段階で与える餌を見直ししていこうと考えています。

もしかすると、プラカットだからではなく、しっかりとした魚体を作り上げる事がベタの更なる魅力を引き出すことに繋がっているのではないかと思うからです。

闘争本能剥き出し

長く飼育すればどれも同じ大きさになるわけではありません。

いかに育成段階でしっかりと餌をやれて魚体を作るかも重要なポイントになると思います。

まだまだ、奥が深いベタのブリードですが、色々考えながらやるのが楽しいので引き続き楽しみながら挑戦してみます。

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

イシガメとリクガメの表情