ベタ飼育においての水草の重要性は?

最近、ベタの稚魚飼育環境に水草をレイアウト!?として追加いたしました。

本当は、レイアウトではなく、水質浄化に一役買ってくれるかなという期待なんですが( ^ω^ )

という事で、チョイスした水草はアマゾンフロッグピットです。

ベタの隠れ家にもなり、長い根っこ!?で水質浄化にも期待できるからですƪ(˘⌣˘)ʃ

何重にも重なって隠れています!

実は、過去にはアマゾンフロッグピットを野外で栽培しながら室内のベタ飼育に用いていたのですが、室内に入れてしばらくすると苔まみれになってしまうという問題に悩まされ、使うのをやめていました。

なので、今回は室内で栽培しているアマゾンフロッグピットを購入したという訳です( ^ω^ )

室内栽培だからか、めちゃくちゃ綺麗ですƪ(˘⌣˘)ʃ

緑と白の芸術ƪ(˘⌣˘)ʃ

飼育水中の不要な成分を吸収してくれたら嬉しいですね!

あと、室内で増えていってくれると非常に嬉しいなと思います!

長く伸びた根っこにもベタは癒されるみたいです

水草を追加してから夜に観察してみると、長い根っこに絡まって横になって寝ている個体もみえられます。きっと、寄り添えるものがある事は癒しになるんでしょうねƪ(˘⌣˘)ʃぐっすり寝ている様にもみえますから。

それから、もう一つ重要な期待もあるんです。

それは、天然エサでないと飼育が難しいステージのベタのエサのサポートです。

上記の写真は稚魚と言ってもそこそこ大きい個体の飼育環境ですが、孵化したての稚魚には最強といっていいほどの効果があると思っています!

その効果は根っこに生息する微生物がエサになると言う事です!!!

孵化してからブラインシュリンプやミジンコを与える時期がありますが、どうしても人間の都合でエサをあげるタイミングや量が決まってしまいますよね。

そんな時に、飼育環境下にある微生物の存在が大きいのですƪ(˘⌣˘)ʃ

お腹が吸いた時にパクって食べられるおやつ的な?メイン的な?わかりませんが。重要だと思っています!

引き続き、ベタ飼育において水草の重要性について興味を持って観察していきたいと思います。

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。