超接近、ベタの威嚇にせまる!

本日は、久々に一眼レフ(マクロレンズ)でベタの表情を撮影しました。

モデルはプラチナホワイトハーフムーンのペアから誕生した生後4ヶ月ちょっとのオスのベタたちですƪ(˘⌣˘)ʃ

まず、第一に生後4ヶ月のオスときたら、とてつもなく元気!!!

特に、威嚇行動に入るスピードが半端ありません( ^ω^ )まさに一瞬でキレる・・・的な感じです。

威嚇して泳ぎ回るベタはいくらシャッタースピードが早くても捉える事はできません・・・。と思いました。

なので、一瞬でも動きを止めて威嚇する瞬間がシャッターチャンスになりますね。

レンズに威嚇してくる若いオスベタ

ベタの写真撮影において、シャッターチャンスは3つのパターンがありまして、

一つ目はカメラ目線!レンズに向かって威嚇してきた時が最大のチャンスですね!

ただ実は、このワンシーンには少しコツがあるんです!!!

ベタがこっちを向いた瞬間にレンズを向けて気づかせる様に相手の目の前をちらつかせるんです。すると、反射してレンズに映った自分に威嚇するわけです!

カメラに向かってくるときは割とピントが合いやすいです。

2つ目は、正面ではなく左右のどちらかに鏡を設置する方法。鏡を設置した方にむかって威嚇をしてくれるので横のシーンは撮影しやすくなります。

3つ目は、疲れるまで待つ方法。疲れるとあまり動き回らなくなり、威嚇シーンを撮影しやすくなるのですがもちろん迫力は減ってしまいますね。

それでは、本日は超接近の顔表情のギャラリーをどうぞƪ(˘⌣˘)ʃ

全部同じベタではないんです!ただ、兄弟!?なので、顔は似てますね( ^ω^ )

それにしても、ベタは愛嬌があってかわいいですね。

顔に対して目が大きくて、目が離れていて、口は大きくて、分厚い唇( ^ω^ )

愛嬌の塊ですね。明らかに表情もありますしね。

敵にむかって、こんなに勇ましく威嚇する魚って他にいますか!?

鰓蓋を全開に広げて威嚇する姿は、正面からみたらまるでライオン。

改めて、写真にしたベタの表情もいいなと思った今日でしたƪ(˘⌣˘)ʃ

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。