若ベタの初泡巣

現在、2020年9月、10月に産まれた若ベタたちを選別をしながら喧嘩っ早い子たちを単独飼育に切り替えています。

集団で飼育している時は、全長で3cmをこえるくらいまで成長してもオスとメスをはっきりしない個体が多いのですが、単独飼育をし始めると途端にフレアリングを本格的にする様になり、各鰭もみるみるうちに成長します!

逆に、メスも産卵管がはっきりと確認できる様に成長します!

個体によっては、体内にしっかりと卵を持っている事が確認できる子も出てきますƪ(˘⌣˘)ʃ

そして、私個人的にですが、一番好きな場面がこれです( ^ω^ )

綺麗な円になった泡巣

そうです、若いオスベタの初めて作る泡巣です!!!

オスは、鰭の成長具合でだいたい目星が着くのですが、決め手となるのはこのシーンなのです( ^ω^ )

筋トレのフレアリング後の泡巣です!

この泡巣を確認できた個体から♂確定!!!って感じでマークしていきます。

おっと、2匹ともオスだったんだね!
まだまだ、鰭も小さいのに一丁前なフリ!?

鰭はまだまだ、全然大きくないのに、すっかり動き方は♂そのものです。

このシーンが本当に可愛く見えます。

「若ベタ、がんばれよっーーー!」

楽しみにしてるからね!って感じで眺めてしまいます。

と思いながら全力でベタの体調管理をしないといけないなって思います。

整体管理はめんどくさがったら絶対ダメですもんね。

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。