ベタの屋外飼育は日陰を作ろう

おはようございます!今年から屋外飼育にチャレンジしているべーやんファームです。

真夏に近づくにつれ、気になる水温について記したいと思います。

7月中は、なんだかんだ言って1日の水温変化は、朝の水温が22、3℃前後からスタートして27、8℃前後が最高水温といった感じでした。

7月中旬の明け方の水温 22.5℃
7月中旬の日中の最高水温 27.5℃

ベタにとっては温度変化は大きくなりますが、自然界の日照時間や温度変化なのである意味いい効果かなと思っています( ^ω^ )

※もちろん、勝手な想像ですが。。。

ベタの体調は絶好調に感じました!ただ、日中よりも朝や夕方の方が餌への反応はいいかなと思います。

しかし、7月下旬から8月になり本格的な真夏になってくると日中の日差しもとんでもありません( ´∀`)

エサを与えているだけで日焼けするレベル!!!

太陽を背にして丁寧にエサを与えていると、首が焦げるレベル!!!

そして!!!

ふとした時に、水換え用の予備水(ベタは入っていません)を触ってみたらまさにぬるま湯( ͡° ͜ʖ ͡°)

外が激暑にもかかわらず、水に冷たさを感じないレベル。やばいと思って、

驚いて、ベタの稚魚が入っている水に触れると、、、明らかに温度差を感じる、、、。冷たくはないが冷たい・・・。

予備水をすぐさま水温計で測定してみると、なんと!!!!

予備水の水温。実際には31℃になった

触った時点で明らかな水温の違いを感じました!

考えられる一番の理由は、すだれで日陰を作っていなかった事かなと思います。

すだれで日陰を作っている場所の水温は28℃となっていたからです。

もちろん、慌ててすだれを買いに走りました( ͡° ͜ʖ ͡°)

そして、全面的に覆いました。

初めてのことなので、日々チェックしながらやっていきたいなと思います。

でも、楽しいですね(^ ^)

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。