ベタの若オスの成長は単独飼育が重要です

先日、若いオスベタ(メタリックブルー)の成長について記しましたƪ(˘⌣˘)ʃ

本日は、まさにこれから成長を見せてくれそうな若いオスを紹介したいと思います!

写真の若オスはファンシー系のハーフムーンペアの子供です。

この若オスも少し前はこんな大きなヒレではありませんでした!

1週間ほど、全力でフレアリングをする様になってから徐々にオスらしく成長を見せています。

やはり、若いベタは単独で飼育を開始すると一気に成長が進みますね。

ずっと、複数飼育していても雌雄の成長の違いは確実にみられると思いますが、魚体や綺麗なヒレがぼろぼろになってしまうので残念なので。

はやめの単独飼育をお勧めします!!!

こちらは、フルブラックのハーフムーンの稚魚です!

若オスで、こちらも単独飼育を開始しています。

ブラックのペアから生まれた稚魚たちですが、ブラックは体色が日に変わるという事を知りました。

真っ黒の時もあれば、薄い黒の時もあります。体調か水質か・・・不明ですが体色の変化は他のベタよりも大きなと感じています!

早めの単独飼育は飼育の手間が増えるので大変ではありますが、きれいに育って欲しいという思いで積極的に取り入れていますƪ(˘⌣˘)ʃ

単独飼育してからはフレアリングを忘れない様に( ^ω^ )

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。