ベタを飼育する環境について

この前、散歩をしていたらこんな素敵な池を発見しました。

真っ先に頭に浮かんだのが、こんな環境でのびのびとベタを繁殖させる事ができたらなぁと言うことでした( ^ω^ )

実際のベタの生息地とはおそらく異なるとは思うのですが、水面を覆う水草の隙間などで立派な泡巣を作って子育てするんだろうな。と思ったりしました。

私がみた事があるベタの生息地は、水深も数cmの浅い湿地帯みたいな環境でした。

※みたと言っても、映像と写真です( ͡° ͜ʖ ͡°)。

べーやんファームでも繁殖用に準備する水槽には必ず水草を入れます。

少しでも、親ベタが落ち着く事ができる環境を作りたいからです。

少しでも、繁殖用の水槽がより落ち着く場所になるようにいろいろと取り入れていきたいと思います!

水草が生い茂る!←まさに落ち着く場所!と言うイメージなんですが、

お気づきでしょうか???

そうなんです、この池?は亀だらけなんでした( ^ω^ )

仮に、ベタが生息していたとしても亀の存在に怯える日々なのかも知れませんね。

おくらくこの池の王者である亀たちは、ここは亀の楽園か?と言うような感じでのんびりと水草の上で日向ぼっこしてました( ͡° ͜ʖ ͡°)

実に気持ちよさそうでした。

一言で生き物を飼育すると言っても、いろいろな形態があると思います。

飼育している生き物の本来に近い生息環境に寄せた飼育方法、ブリードや多数飼育するために管理のしやすい環境で飼育する方法。

いろいろな考え方があって、いろいろな工夫や飼育方法があるから飼育って魅力的なんだと思います。

いつでも気にかけてあげられるような穏やかな環境や精神状態で飼育して行きたいなと思い直すきっかけとなった散歩となりました( ^ω^ )

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。