イシガメの甲羅干しは、なぜ重要か!?

べーやんファームはベタのブリードが本業なのですが、その他にも大切な仲間がいます。

それは、イシガメです( ^ω^ )

大切な仲間なんですが、特に呼び方を決めているわけではありません!

呼び方はその時その時でƪ(˘⌣˘)ʃ

外で飼育しており、今年で4年目になります。3度の冬眠から無事に目覚めてくれています。

久々に確認したので、おもわずパシャリ

今回の引っ越しでも一緒に新天地にやってきたのです。

これまでとは日差しの強さ、日の当たり方などが違うのでストレスを感じていないかな?と心配してみていました。

エサはそこそこ食べるのですが、日差しが良くて水温が高くてもあまり動かずじっとしている事が多くて心配していました。

亀の健康チェックにおいて大事なポイントの2つは甲羅干しエサの食べ方だと考えているからです。

今回は、甲羅干しについて綴りたいと思います。※専門家ではないので、ご了承くださいね( ^ω^ )

亀の甲羅干しが重要な理由 TOP3

変温動物だから

亀は変温動物であり、恒温動物とは違い自分で体温をつくる事ができません!太陽からの熱を利用して体温をあげます。逆に日陰や、水の中などで体温を調整したりします。あったかい日差しを利用して体温を上げて活性を高めているのです。

活性を高めるという事は、食べたエサの消化吸収を促進します。また、病気などに負けにくくなります。

体温が正常に保つ事ができないと、消化不良を起こしたり、病気にかかりやすくなったりしてしまいます。

甲羅や皮膚の健康を保つため

太陽光にはたくさんの紫外線が含まれています。亀にとってとても大事な甲羅を紫外線によって殺菌するのです。

甲羅は外敵から身を守る以外にもいろいろと重要な役割を担っています。その大事な甲羅を太陽光によってしっかりと乾かして殺菌しないとコケが生えてしまったり、水カビなどの病気が発生してしまったりとトラブルにつながってしまう恐れが高まります。

また、甲羅だけではなく、皮膚も同様でしっかりと乾かしてあげないとコケが生えてしまったり、ブヨブヨになってしまったりとトラブルの原因になってしまいます。

成長に影響があるから

太陽光のなかの紫外線を浴びることによって、体内でビタミンDを合成します。よって、成長に必要なカルシウムの吸収をうながし、甲羅の成長や、骨の成長につなげる事ができるのです。

よって、健やかに成長するためには太陽光にあびないといけなのです。

以上の3つが亀の甲羅干しの重要だと考えるTOP3の理由です( ^ω^ )

亀にとって甲羅干しが重要な事は当然ですが、眺めているこちらにもほのぼのした気持ちにさせてくれます!!!

日陰も大事ですね!

いくら甲羅干しが重要だといえ、夏場の炎天下は流石に亀にもきついので日陰は作ってあげた方がいいですね( ^ω^ )

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。