ベタ稚魚のブラインシュリンプとベリースライダーの関係性について

5月6日に孵化したプラチナホワイトのハーフムーンペアの子供たちƪ(˘⌣˘)ʃ

写真は生後1ヶ月

生後3日後から孵化したてのブラインシュリンプを与えて育ててます。

ブラインは2回/日以上はあげたいですね!

今回は1回/日の日もありましたが、できるだけ2回/日以上与える事が理想ですね!

しかも、少なめに回数多くが鉄則ですね。残った残餌が水質悪化を招いてしまうからです。

この大きさで人口飼料は食べれています

そして、今回はブラインを与え初めてから約7日ほどで人口飼料への切り替えにチャレンジしました。

大きな理由は、2つあります。

一つ目は、私が出張等で不在の時に人工飼料であれば代わりに与える事が可能だからです!

食べ残しによる水質悪化を避けるために少量で回数多めを徹底しています。

二つ目は、ベリースライダーの回避目的です。

ベリースライダー回避についてはもともと色々と見解がある様です。

ただ、べーやんファームもこれまでたくさんの稚魚を育ててきましたが順調にブラインを食べて大きくなっていた稚魚たちが突然に近い状態でベリースライダーになってしまった経験がありました。

どう考えても、遺伝とかのレベルではないと感じました。

私の管理でベリースライダーになってしまった可能性を追求したところ、ブラインの過剰給餌ももしかすると一つの原因になっているのかな?と感じる場面がありました。

なので、人工飼料が口に入る様になったらできるだけ速やかに切り替えていこうかと考えたわけです!

今のところ、順調に人口飼料をたべてます

生後1ヶ月を経過しても今のところベリースライダーはほとんどいません。

探してもほぼゼロです( ^ω^ )

ただ、ブラインをたくさん食わせていた時のほうが成長は確実に早いです!

でも、こちらのやり方でしばらく様子を見ていきたいと考えています。

ちなみに、現在は10回/日以上の回数で少量ずつ人工飼料を与えていますƪ(˘⌣˘)ʃ

今のところ、すくすくと大きくなっております!

では、またっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。